読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BON's diary

「何考えてんだ、お前はっ!」 「い、いろんなこと」

ダライ・ラマ14世『ゆるす言葉』2008.8初版、2011.10第五刷 イースト・プレス

ときには毎日一本

「不安に対処する有効な方法は、

自分のことを考えずに、人のことを考えることです。

本当に人の困難を目にすると、

自分のそれは大したことではなくなります」

 

「怒りと憎しみこそが、私たちの本当の敵なのです。

これこそ私たちが全面的に立ち向かい克服すべき相手なのであり、

靱性に時として現れる一時的な「敵」は

真の敵とは言えないのです」

 

「自分の欠点に一つでも気づくことは

他人の百個の欠点に気づくことより、ずっと有益なことです」

 

「怒りや憎しみでは、痛々しい状況や問題を解決することはできません、

それらを解決するのは、思いやりと真の優しさによる癒しだけなのです。

世界平和を持続するための手段は

「思いやりによるゆるし」しかない-そう私は思うのです」

 

f:id:ryusen301:20140519231613j:plain

 

△法王の言葉が多くの読者の共感を呼んでいるらしい。

 だが法王自身が言っているように、思いやりや優しさとは

 深い仏教思索の延長上に生み出されるものだということを

 法王ファンの多くは知らないように思う。

 『仏教哲学講義』に見るように、チベット仏教のもっとも特徴的な資質を

 法王は具えているように思う。