読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BON's diary

「何考えてんだ、お前はっ!」 「い、いろんなこと」

【真読】 №61「忌日」 巻三〈祭礼部〉(『和漢真俗仏事編』web読書会)

f:id:ryusen301:20151217052359p:plain

テキスト http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/818707 コマ番号32

 父母の死せる日を忌日と云うは、『礼記』の「祭儀」に曰く、「君子、身を終えるの憂いあり。忌日の謂いなり。(注)忌日とは、親亡(ほろぶ)るの日なり」(已上)。言(いうこころ)は、親死せる日に当たれば、その心、親を念ずるのみにして私事をなさず。忌み慎むこと、国の制禁を守る日の如し。ゆえに忌日という。
 ○『釈氏要覧』に云く、「二月十五日、仏涅槃の日、天下の僧俗、営会供養あり、すなわち忌日のことなり」。