読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BON's diary

「何考えてんだ、お前はっ!」 「い、いろんなこと」

【真読】 №70「托鉢の錫杖」 巻三〈祭礼部〉(『和漢真俗仏事編』web読書会)

f:id:ryusen301:20160122093630p:plain

テキスト http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/818707 コマ番号36

 『毘耶耶雑事』に云く、
「比丘、乞食して長者の房の中に入りければ、駭(おどろ)きて甚だ譏(そし)りけるほどに、比丘、仏に白(もう)す。
 仏、云く、“今より、声をなして家に入て食を乞え”と、のたまいければ、
これより家々に入て乞う声あまり喧(かまびす)しければ、また譏る者甚だ多し。
 仏、聞いて聴(ゆる)さず。“これより拳をもって門を叩いて食を乞え”と、のたまう。
 かくのごとくしければ、人々なお驚き、何が故に我が門を打ち破るぞ、と呵(しか)りけり。
 ここにおいて仏、のたまはく、“錫杖を作りて振るべし”と。
 この時始めて錫杖を教えて作らしむ」(『事苑』これを引く)。
 ○按ずるに、托鉢の文字は、『金湯編』十三「無尽居士伝」に出たり。彼しこに云く、「ただ徳山托鉢の話を疑う」と。