読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BON's diary

「何考えてんだ、お前はっ!」 「い、いろんなこと」

【真読】№89「父母の棺を舁(か)く」 巻四〈送終部〉(『和漢真俗仏事編』web読書会)

f:id:ryusen301:20160701081126p:plain

 今の俗、父母の棺を荷う、これ仏勅なり。『浄飯王般泥洹経(じょうぼんおうはつないおんきょう)』に曰く、「浄飯王、命終したまう時、七宝の棺を作る。その時、阿難、羅睺羅(らごら)と棺の後に立ち、仏と難陀(なんだ)と前に在り。仏、言わく“もし当来の衆生に暴悪の者ありて、父母の棺を擎(ささ)げずしてその深恩に背くことあらむ”。これがために仏、自ら浄飯王の棺を擎げたまう。その時、大千世界、六種に震動す。時に四天王、すなわち仏に代わって棺を擎げ、仏、香炉を執って棺の前に立って引導したまう」。