読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BON's diary

「何考えてんだ、お前はっ!」 「い、いろんなこと」

【真読】 №120「露わにして印を結ぶことを得ず」 巻五〈雑記部〉(『和漢真俗仏事編』web読書会)

 

f:id:ryusen301:20170427161325p:plain

テキスト http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/818707 コマ番号52

 問う、印を結ぶに袈裟の下にし、あるいは衣袖の中にして手を露わさざるいわれは如何。
 答えて曰く、これ印呪を重んずる義なり。もし露わにし軽くすれば、悪鬼神に碍(さえ)られて成就せず。
 『陀羅尼集経』第一(仏頂壇法)云く、自らかつて三昧道場に入り難ければ、心を用いて護し命を軽くせざれ。露處(あらわ)に印呪法をなせば、悪鬼神のために便りを得ざる。