読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BON's diary

「何考えてんだ、お前はっ!」 「い、いろんなこと」

【真読】 №45「羅網(らもう)」 巻二〈厳具部〉(『和漢真俗仏事編』web読書会)

ミニチュールベールベールの顔を持つ花嫁短い頬紅真珠結婚式ブライダルの魅惑的な物鳥かごのベール付き櫛veuドnoiva.jpg (800×800)

テキスト http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/818707 コマ番号26

 世俗、羅網を神社の具と思えるは誤れり。もと仏前の荘厳の具なり。ゆえに『般若軌』(集経)の二十一種の供物に、「第二十、宝真珠網」と云えり。
 また『上生兜卒経』にいわく、「一一の宝より百億の光明を出す。光明、微妙にして化して五百億の衆宝雑華荘厳宝帳となる。時に十方面の百千の梵王、各々一梵天の妙宝を持して、宝鈴となして、宝帳の上に掛く(今の世、鈴を懸けて荘厳とする本拠とすべし)。時に小梵王、天の衆宝を持して、以て羅網となし(これ羅網の出拠なり。なおまた帝釈の羅網は人常に言う所なり)、帳上に弥(わた)り覆す」と。